ラスベガスで撮影された最高のミュージックビデオ10選

ラスベガスでは600万を超えるミュージックビデオが撮影されています。ラスベガスの煌びやかな街並みはミュージックビデオをより印象的なものにしてくれるため、多くのアーティストが撮影の場所に選んでいます。本記事ではそんな数あるミュージックビデオの中から、特に評価の高いものを10本、紹介しています。

1. Katy Perry “Waking Up in Vegas”

まさにラスベガスの煌びやかなイメージを凝縮させたミュージックビデオ。Katy Perryがミュージックビデオの中で着ているファッション性の高い様々な衣装にも注目です。

2. SADE ‘TURN MY BACK ON YOU’

 ‘TURN MY BACK ON YOU’は1980年代に撮影されたミュージックビデオですが、まるで2000年代に撮影されたかのように現代風にアレンジされています。ラスベガスの街を歩きながらカメラを回転させつつ撮影することで、躍動感が出ています。

3. SAM SMITH  ‘MONEY ON MY MIND’

Dino’sなどラスベガスの有名スポットを取り入れたミュージックビデオ。カジノでのギャンブルのサウンドが歌詞にもピッタリで、曲のタイトルともぴったりです。

4. IMAGINE DRAGONS  ‘SHOT’

バンジージャンプのシーンから始まる、なんだかハラハラとするこのミュージックビデオ。アトラクションを多く盛り込んでおり、近代のレジャー要素の強いラスベガスの昼の顔の魅力がよく表れています。

5. FLO RIDA ‘HOW I FEEL’

数年前に撮影されたミュージックビデオでありながら、ビンテージな雰囲気を持ち合わせているのが特徴です。 FLO RIDAのラップと、蝶ネクタイとタキシードを合わせた衣装も、ラスベガスのクラシカルな雰囲気をうまく引き出しています。

6. 3OH!3 ‘YOU’RE GONNA LOVE THIS’

ラスベガスのカジノから始まる、ラスベガスの街全体を舞台とした2人の男性の勝負。ありとあらゆる方法で相手の男性を屈服させようとさせる様子が面白おかしくもあります。

7. THE KILLERS — ‘SHOT AT THE NIGHT’

ライププラスでラスベガスを撮影しており、ミュージックでありながらも映像のクオリティーの高さが高く評価されています。また、メイドとの恋愛を描いたストーリー性の高さにも定評があります。

8. Bruno Mars “24K Magic”

カジノやジェット機の前でのBruno Mars、クルーのダンスが楽しいミュージックビデオ。ヒップホップ風のファッションも楽しく、思わず一緒に踊りだしたくなるような仕上りです。

9. U2 ‘STILL HAVEN’T FOUND WHAT I’M LOOKING FOR’

モノクロのシーンやスローモーション撮影を取り入れたノスタルジックな雰囲気溢れるミュージックビデオ。ラスベガスの一般人も多く登場しており、どこか温かみがあります。

10.  The Flaming Lips “Do You Realize”

照明を効果的に用いることによって、まるでショーのように仕上がっている完成度の高いミュージックビデオ。ウサギや象も登場し、コメディ要素も感じられます。