見過ごしている?あなたが知らないヒップホップの重要性

ヒップホップって何?音楽のジャンルの1つ?など、ヒップホップについて詳しい知識を持っていない人には多いのではないでしょうか?実際にヒップホップは日本ではあまり浸透しておらず、そこまで身近なものではなりません。ヒップホップは、ニューヨークのサウスブロンクスで生まれた文化の1つで、単なる音楽としてではなく、アメリカの歴史の中で社会的に重要な役割を担ってきました。

ヒップホップは思想の主張手段

ヒップホップは誰でも簡単に製作することが可能です。そのため、ヒップホップは自身のライフストーリーや社会への意見を発信する手段としても使われてきました。そのため、社会問題をテーマとしたラップも多く存在し、社会へ大きく影響したのです。当時のアメリカでは、社会への不満や意見を発信できる手段は多くありませんでした。そのため、音楽と共に自分の考えを自由に表現できるヒップホップは、自由の象徴ともなったのです。こういったヒップホップの側面のため、ヒップホップは反社会的なイメージを持たれてしまうこともありますが、アメリカの成長の過程において、ヒップホップは重要な役割を担っていたのです。

そして、現在ではカリフォルニアなどアメリカの各地域では反政治的コンサートや抗議集会が開催されています。そして、こういった形で、意見の発信の場としてヒップホップが政治とかかわっているのです。現在若者の政治離れが進む中で、ヒップホップは若い世代と政治を結ぶ架け橋となっているのです。

黒人文化とヒップホップ

ヒップホップが黄金期と呼ばれた90年代になると、ヒップホップを通して多くのスターが生まれました。それまでのアメリカではまだ黒人差別が残っており、黒人でスターになるというのは簡単ではありませんでした。そして、黒人の若者たちは、犯罪やドラッグに手を染めてしまうことが多かったのです。そんた劣悪な環境に変化を及ぼしたのがヒップホップでした。

ヒップホップが生まれたことによって、若者たちが音楽やアートに情熱を注ぐようになったのです。そしてヒップホップを通じて、アメリカだけではなく、世界的に活躍するアーティストが登場するようになったのです。そういったアーティストには、ズールー・ネイション、パブリック・エナミー、ランDMC、ビースティー・ボーイズなどがいます。まさに、ヒップホップは粗悪な環境の中で自暴自棄になっていた黒人の生活に変化を与えたのです。

このようにヒップホップと社会は非常に密接に関連しているのです。反社会的なネガティブなイメージが持たれることの多いヒップホップですが、それらは当時の生活の様子の表れであり、社会的背景を知る重要な役割も担ってきました。だからこそ、ヒップホップは単なる音楽のジャンルの1つではなく、社会的に重要な文化としてみなされているのです。